THE ROARK REVIVAL

THE ARTIFACTS of ADVENTURE

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • LOGIN
  • CART

THE ROARK REVIVAL

THE ROARK REVIVAL

FILMS

BRIAN BENT

Brian Bent

“JAMIE THOMAS CONTACTED ME THROUGH A FRIEND OF HIS WHO HAD BOUGHT A FEW CARDBOARD PAINTINGS OFF ME AT RIN TANAKA’S INSPIRATION LA 2015 SHOW. JAMIE SAW THOSE PAINTINGS AND CALLED ME TO SEE IF I’D BE INTERESTED IN PAINTING SOME VIETNAM FLORAL AND LANDSCAPES AS INSPIRATION FOR HIS ROARK CAPSULE COLLECTION. AT FIRST I DIDN’T KNOW IT WAS JAMIE THOMAS THE SKATER BUT I WAS SO STOKED AFTER FINDING OUT IT WAS AS I’VE ALWAYS DUG ZERO SKATEBOARDS AND HIS PERSONAL STYLE. WE COLLABORATED THROUGH PICTURES OFF MY PHONE OF THE ART UNTIL HE LIKED THEM AND I WAS STOKED TOO.” BENT SAID.

「ジェイミー・トーマスは2015年のLAでのインスピレーションSHOWで私の絵を買ってくれた彼の友人を通じて知り合いました。彼はその作品を見て、彼がROARKで出すカプセルコレクション用にベトナムの花と風景を描いてくれないかという内容の電話をくれたのです。 私は個人的にスケーターのジェイミー・トーマスのスタイルとZEROスケートボードのファンでもあったのですが、最初は彼がその本人だと分からず後からその事実を知った時はとても興奮しました。そして今回、彼と電話で何度も描いた絵を見せては話し、お互いが納得できる作品を一緒に作る事ができてとても満足しています。」

DSC7514-1320x879

“JAMIE WANTED TO MAKE A FLOWERY, AIRY AND LIGHTWEIGHT SHIRT BECAUSE OF THE HOT & HUMID CLIMATE IN VIETNAM. SO I CREATED A PRINT BASED ON THE COUNTRY’S NATIONAL FLOWER, THE LOTUS FOR HIS WOVEN. A SECOND DESIGN I DID IS THE HA LONG BAY WOVEN PRINT THAT IS PART OF THE ROARK SPRING COLLECTION AS WELL.” – HA LONG BAY IS ICONIC AT EVERY ANGLE. ITS FLOATING FISH FARMS AND THE HUMBLE FAMILIES THAT LIVE ON THEM ARE ENCHANTING. THIS SHORT SLEEVE WOVEN TIES THEM TOGETHER WITH THE EVER-PRESENT CONICAL PADDY HAT.

「ジェイミーはベトナムの高温多湿の気候に合った風通しが良く、軽量なフラワープリントのシャツを作りたがっていました。そこで私はベトナムの国花であるLOTUS(蓮)をモチーフにした絵を描いてデザインとして提供しました。そして、ROARKのSpringコレクション用にもう一つ別のアートも提供したのですが、そちらはハロン湾の風景を描いた物になっています。」—ハロン湾はどの角度から見てもアイコニックな場所です。そこで養魚場を営みながら、つつましく暮らす家族の風景は心を奪われる程魅力的です。この半袖シャツでは彼らが被るベトナムを象徴する円錐型の藁帽子と共にその空気感を表現しています。

BRIAN BENT – FROM STANCE’S PUNKS AND POETS

BENT’S STYLE IS A BLENDING OF FIGURATIVE PAINTING WITH BOLD GEOMETRIC CONSTRUCTIVIST IMAGERY AND IS REMINISCENT OF THE LINEAR ABSTRACT TEXTILE DESIGNS OF 50S DESIGNERS AND ARTISTS SUCH AS LUCIENNE DAY. HE IS A MASTER OF RE-PURPOSING MATERIAL WITH AN INADVERTENT TENDENCY TOWARD RECYCLING. HIS RESOURCEFUL EYE IMAGINES NEW LIFE FROM THAT OF A DISCARD, WHILE HIS GIFTED ABILITY MANIFESTS THE INSPIRATION TO ITS COMPLETION IN AN INSTANT. WHETHER IT IS IN SURFING, MUSIC, WRITING, PAINTING, DESIGN, FASHION, SCULPTING, CAR BUILDING, OR WHATEVER ELSE SETS HIS SOUL AFIRE, THE RESULT BRINGS ONE INTO THE JOYFUL WORLD WHICH EMANATES THROUGH ALL HE TOUCHES.

BRIAN BENT – STANCE の「PUNKS AND POETS」より

BENT のスタイルは大胆な幾何学的構成主義と具象的な絵画がミックスされており、 50年代のアブストラクトなテキスタイルデザインやとルシアン・デイなどのアーティストを彷彿とさせます。 彼は、リサイクルという意図でなく材料を再び蘇らせるマスターです。 彼の目には捨てられている物達の新しい生き方が見え、その才能が一瞬にして完成したイメージを与えます。 それがサーフィン、音楽、執筆、絵画、デザイン、ファッション、彫刻、車作り又は何であれ、彼が触れた物たちは全てが喜びの世界を表現し人々を魅了しています。

Share on

  • Facebook
  • Twitter
  • PinIt

SUPPORT US

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Twitter

PICKUP NEWS

  • NEWS Posted on Oct 08.2021
    RUN AMOK by ROARK
  • NEWS Posted on Oct 01.2021
    FALL & WINTER 2021 -Second Season- COLLECTION 公開
  • NEWS Posted on Sep 10.2021
    DESIGN STORIES INSPIRED by ROARK IN CDT

WHAT’S NEW