THE ROARK REVIVAL

THE ARTIFACTS of ADVENTURE

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • LOGIN
  • CART

THE ROARK REVIVAL

THE ROARK REVIVAL

NEWS

DESIGN STORIES INSPIRED by ROARK IN JAMAICA

spring_inspiration

2018年春夏シーズンテーマ “KINGSTON DEADBEATS”。ROARKクルーが向かった先は、カリブ海に浮かぶ島国「ジャマイカ」。

キングストンからスタートした旅は、ブル・ベイで過激なラスタファリの精神に触れ、ニャビンギ・トランスのビートに乗り、まるでバビロンを離れ母なるアフリカへと向かう神話の船のように航海を始めました。多くのローカルとの出会いを通じ、ジャマイカの歴史や音楽、カリブ海特有の豊かな色彩に触れインスピレーションを得たのでした。コレクションの完成へと至った3つのプロダクトストリーをご紹介します。
レッドストライプとラム、コーヒーとハーブを準備して私たちと共に地球上で最もポジティブな場所へ旅に出ましょう。

 

1

01、“KINGSTON RANKING”

キングストンはジャマイカンの心。人々は熱気に包まれ、ストリートにレコーディングスタジオやダンスホールがあり、ジャマイカ料理も堪能できます。田舎の街なので、大半が古い建物です。ダンスホール、レゲエ、ヒップホップが流れる中、”ホットスポット”では白いラム&ティンを飲んでいます。非常に危険な都市としてのラベル付けとは対照的に大胆な色とグラフィックデザインで、明るくフレンドリーなエネルギー溢れる人々が暮らしています。キングストンは、クラス、テクスチャー、文化、音楽、そして歴史の集合体です。ヘンリー・モーガンの略奪時代から有名なボブ・マーリーやdna&colorも今シーズンのコレクションに影響を与えました。

 

2

02、“HIGH SEAS & AN IRIE BREEZE”

ジャマイカを取り囲む海は、多様な海岸線とスピリチュアルな海路が発見されます。淡い砂浜から火山のビーチまで、海岸線の美しさが残っています。波と魚を探しに、キングストンからピジョン島まで航海しました。旅の途中にサンゴ礁、海賊のラムに出会い、静かな雰囲気と海への霊的な繋がり感じて街の喧騒に没頭した後、目的地に到着しました。漁師を体験し、人々が乗るボートは老朽化していて、時間の経過と共に発展した性格を露呈させています。本島に戻り、ペイントされた魚釣りボート、磨耗したデッキ、退色した海辺の建物、旅の途中で出会った植生、サンゴ礁の生命と色にインスピレーションを受け、今シーズンのストーリーに影響を与えました。

 

3

03、“HIGH SEAS & AN IRIE BREEZE”

ジャマイカは海が近い農村で構成されています。村の多くは孤立しているか、ハリケーンの被害を受けており、観光客が来ることはありません。近くのプランテーションや小さな漁村と連携しています。コミュニティをユニークにするのは、村に伝わる精神です。村人は、色、音楽、芸術を通して肯定的な精神を表現しています。建物は明るい模様があり路側に散らばった小さなパブで白いラムを飲み、ラスタファリでチューンアップされる機会がたくさんあります。Bob Marleyは、「空気の中に自然な神秘的な息吹がある」と歌いました。ブルー・マウンテンズは気分や魅力の伝説であり、熱帯サンゴ礁を見下ろす海岸、田舎から生まれる自然からインスピレーションを受けました。

この3つのプロダクトストリーが反映された、2018年春夏シーズンのコレクションは随時公開されます。

 

“KINGSTON DEADBEATS” 2018 SPRING/SUMMER COLLECTION

 

Share on

  • Facebook
  • Twitter
  • PinIt

SUPPORT US

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Twitter

PICKUP NEWS

  • NEWS Posted on Jun 04.2019
    「GREENROOM FESTIVAL’19」Photo Report
  • NEWS Posted on May 24.2019
    Volume 16: ARTIFACTS ZINE (日本語版) 公開
  • NEWS Posted on Apr 27.2019
    “HANKYU MEN’S TOKYO” POP UP STORE

WHAT’S NEW